葉酸サプリメントの摂取は厚生労働省によって推奨されています。

top-1健やかな赤ちゃんを産み育てる為には、母体と赤ちゃんにバランスの良い栄養の摂取に気を付けたい所です。
特に葉酸については、日々の食事では補いきれない場合もある事から、サプリメントで補う事が厚生労働省によって推奨されています。


葉酸は妊娠前、妊娠中、授乳中の女性にとって、大切な栄養素です。


昔はその大切さがあまり知られていませんでしたが、今から12年前の平成12年(2000年)12月に、厚生労働省から葉酸の摂取について推奨する通知が出され、妊娠可能な年齢の女性に対して、葉酸を摂取する事の大切さが一般的に知られ始めました。


葉酸サプリメントの選び方

葉酸サプリメント以外のモノを選ぶ際には、よく売れている口コミや評判の良い人気商品を選ぶ、といった考え方もあると思います。


今回は、よく売れていようと、有名な会社の人気商品であろうと、決して安心はできません!


無添加、無香料天然の成分を配合されている葉酸サプリであることは当然、大前提と言えるでしょう。


また、厚生労働省が推奨している1日あたり0.4mgの葉酸を含んでいるサプリメントという条件も大前提です。


まずはこの2つの条件をクリアしている商品をピックアップしましょう。


以上の2つの大前提を踏まえた上で、選ぶ際に是非チェックしておきたいのが
1. 葉酸以外の栄養素をどれくらい含んでいるか?
2. コスパは良いか?
3. つわりの時でも飲みやすいか?

という点です。特に「葉酸以外の栄養素をどれくらい含んでいるか?」は、とても重要です。


葉酸サプリメント 比較表

葉酸以外の栄養素に着目すると、「ベルタ葉酸サプリ」か「美的ヌーボ」がビタミン&ミネラル27種類に加え、カルシウムが250mg鉄分が15mgと妊婦と赤ちゃんに必要な栄養素を一番多く含んでいます。その2つを比較すると、「ベルタ葉酸サプリ」の方がコストパフォーマンスが高いと言えます。


葉酸以外の栄養素を無視すると、「AFC葉酸サプリ」が最も安価です。

葉酸サプリ人気ランキング

ベルタ葉酸サプリ
ベルタ葉酸サプリ
送料無料!
★とってもお得な定期便なら★
通常価格6,980円↓
43%OFF!3,980円(税込)

★夫婦でベルタ葉酸サプリを飲むなら★
女性用120錠・男性用60錠
通常価格8,980円↓
33%OFF!5,980円(税込)

★お試し1個★
通常価格6,880円↓
14%OFF!5,980円(税込)

口コミ評価
★★★★★
商品研究・商品開発・お客様サポートは妊婦さんの目線で見れる現役のママがやっています!

厚生労働省推奨の400μgの葉酸を配合!
安心の無添加・無香料・製造チェック!
天然と合成では効力が1.5倍も違います。ベルタ葉酸サプリは天然なので効果が1.5倍
辛いつわりの時でも飲みやすい形と大きさです。

街でよく見かける「おなかに赤ちゃんがいます」のキーホルダーのマタニティマークと一緒に妊婦さんを応援する企画を実施中!


ビタミンとミネラルの美的ヌーボ
★一度試してみたい方★ 1袋7,560円(税込)

★さらにお得★便利でお得な毎月お届けコース
通常価格1回(1袋)あたり7,560円(税込)のところ

20%OFF!6,048円(税抜)
さらにずっと送料無料!

口コミ評価
★★★★☆
酵母やアセロラ抽出物や魚肝油など自然界からの天然素材を100%使用した安全なサプリメント。 大豆とアルファルファ(マメ科の多年草)から抽出した「天然型の葉酸」で
合成添加物や保存料、着色料もゼロ!!

妊娠中、授乳中でも安心してお飲み頂けます。
葉酸以外の「ビタミン・ミネラルと酵素」もたっぷり摂れることがイイ!

東尾理子さんや中村江里子さんやインリンさんもご愛飲!


AFC女性100人の声から生まれた葉酸サプリ
いまだけ送料無料!1,800円(税抜)

★さらにお得★
3個セット 通常価格5,400円が→10%OFF!4,800円
6個セット 通常価格10,800円が→20%OFF!8,400円
送料無料!

口コミ評価
★★★★☆
原料から製造、出荷まですべての工程で皆様に安心して頂けるよう、徹底的にこだわって、本当に安心できる「葉酸サプリ」です。
放射線セシウムスクリーニング検査を実施しています。
持ち運びしやすいボトルに、飲みやすいタブレットタイプ、味や香りを抑えるコーティング、細部にもこだわったサプリメントです。


kodakara
10日間トライアルセット
今だけ!お値段そのままプラスワンキャンペーン!

通常価格 各5,980円(税込)のところ

6粒×10日間(60粒入り)をもう1袋お付けして
20日間(120粒入り)
手数料・送料無料!1,980円(税込)

口コミ評価
★★★☆☆
不妊治療の専門家が開発した妊活サプリメント!
栄養を吸収するためのサポート成分「ナットウキナーゼ」「有胞子性乳酸菌」「イソマルトオリゴ糖」を配合!
1日6粒を目安にいつ飲んでもOKなので、ストレスなく続けられます。


厚生労働省が葉酸を推奨する理由

厚生労働省によると、


食品からの葉酸摂取に加えて、いわゆる栄養補助食品から1日0.4mgの葉酸を摂取すれば、神経管閉鎖障害の発症リスクが集団としてみた場合に低減することが期待できる

とされています。また、


葉酸摂取量は1日あたり1mgを越えるべきではない

とも書かれています。


つまり、通常の食生活では葉酸が不足することが多いため、サプリメントで補った方が良いけれど摂取しやすい形をしているので、取りすぎないように気を付けましょう、ということです。


引用元:厚生労働省HP
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/02/dl/h0201-3a3-03c.pdf


「神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について(PDF:427KB)」

この厚生労働省が公開した資料はA4用紙で4枚分ありますが、最後には


(神経管閉鎖障害の)発症リスクの低減に有効である最少摂取量を概ね1日0.4mgであると考え、食事に加え、いわゆる栄養補助食品による1日0.4mgの葉酸摂取の情報提供を行うこととした。

と書かれています。


少し補足します。葉酸は食事を通しても摂取できますが、調理によって葉酸の50%近くが失われる事から、サプリメントを通しても1日0.4mgは摂取しましょう、というコトです。


母子健康手帳にも記載されている葉酸サプリメントの必要性

母子手帳をお持ちの方はご存じですが、葉酸サプリメントの必要性については「母子健康手帳」にも記載されるようになりました。これは平成14年(2002年)度からの事です。


もう12年以上、その必要性が訴えられてきました。サプリメントの摂取で先天性の異常を抱えなくす済む赤ちゃんがいるからです。


統計では


実際に20-29歳女性における葉酸摂取量の1人1日当たりの目標摂取量406.9μgに対し、1998年結果301.9μgに対して、2002年結果は258μgと逆に15%も低下。

と、推奨の400μgに対して、全く足りていない現状も報告されています。


そのため、葉酸サプリをしっかりと摂取するように、国をあげて取り組んでいます。


葉酸サプリメントのまとめ

葉酸サプリメントには、いくつもの商品があります。葉酸だけでなく、他の栄養素(鉄分やミネラルやカルシウム)も含んでいる場合が多いです。 それらの栄養素は、妊婦や赤ちゃんにとって欠かせない栄養素である事が多いです。単に葉酸だけを補うのではなく、一つのサプリメントで多くの役割を果たしてくれます。


葉酸の含有量は、だいたいどのサプリメントも一律400μgですから、その点に差はありません。そうすると、値段やコスパや葉酸以外の栄養素の含有量で比較する事になります。


飲み始める時期は、妊娠1カ月前とされていますが、妊娠1カ月前に、「今、妊娠1カ月前だ。」と知る事は出来ませんから、妊活中の方は、飲み始めておくと良いですね。飲み終える時期は、妊娠から4か月目に入った頃です。妊娠初期の3ヵ月間が、葉酸サプリの推奨期間だからです。


このサイトが葉酸サプリメント選びのお役に立てれば幸いです。このページ以外のページにも有益な情報を掲載しています。お時間のある時に、是非お読みください。

このページの先頭へ